家は健康の要

一軒家

住環境と住む人は密接な関係にあります。家は人生において最も長く過ごす場所です。安心して暮らすためにも、耐震性や耐久性の優れた建物でなければなりません。さらに健康で快適に生活するためには心身共にストレスが少ない人に優しい家である必要があります。しかし現実には建物に使用されている建材の中には健康に対して大きなリスクを伴う有害物質が含まれていたり構造自体に問題がある家が少なくありません。そのような家に住んでいる人の多くは日頃から頭痛や吐き気などに悩まされ、体調を崩しがちです。体調不良の原因を特定できずに何年も経過していることもあります。直接の原因となっているのは接着剤や塗料に含まれるホルムアルデヒドやトルエンなどの揮発性有機化合物です。これらの有害物質は内装や断熱材、下地など至るところにある可能性があるので注意が必要です。このような理由から自然素材を中心にして建てられた家が人気を集めています。健康住宅にこだわるハウスメーカーや工務店も数多くあり、バリエーションに富んだ家づくりを提供してくれます。各ハウスメーカーや工務店では住宅展示場などで頻繁にイベントなどを開催しているので、休日を利用して積極的に利用しましょう。住宅展示場では実際の施工例を見学できるうえに経験豊富なアドバイザーの詳しい説明が受けられます。ここで得られた知識を活用しながら、健康住宅について検討を重ねていきましょう。

家づくりに関する知識を学んでおこう

部屋

健康住宅を建てるには実績と信頼のおけるハウスメーカーや工務店に依頼する必要があります。まずはどのような健康住宅が理想に近いのか、あらかじめイメージしておくことが大切です。各業者のホームページを参考にしながら建物いついての知識を蓄えていきましょう。まず構造材には天然の無垢材が使用されます。無垢材にはホルムアルデヒドなどの有害物質が含まれていないからです。さらに吸湿作用によりカビや細菌の繁殖を抑制してくれる効果も期待できます。そして接着剤には米ぬかやにかわなどの自然素材を使用するので、鼻を突くような臭いに悩まされることはありません。ウールやコルクなどの自然素材系の断熱材は吸放湿性に優れ、結露が生じ難いとされています。そして外断熱工法で建てられた家なら外気との温度差が少ないので快適に暮らせるうえに省エネ効果も期待できます。このようなポイントを理解したうえで依頼する業者を選んでいきましょう。もし迷うようなら、口コミサイトなどの評価を参考にするのも得策です。

広告募集中